弱小サイトの1ページが検索上位を獲得して学んだこと

こんにちは、masayeahです。

僕が運営しているサイトのうち、記事数が10記事しかない弱小ゴルフ関連サイトの1ページが、Googleの検索1位を獲得していることが分かりました。

なぜ検索1位獲得に気づいたのかというと、紹介しているゴルフクラブがamazonで飛ぶように売れていたから。

なぜ弱小サイトのページが検索1位を獲得できたのか、検索1位を獲得した結果何が起こったのかを詳しく紹介します。

検索上位獲得に気づいた理由

先日、ふとアマゾンアソシエイトのレポートを見てみると、紹介料の合計が見たこともない金額になっていました

f:id:masayeah:20180920072036j:image

4万円台の高額なものが、結構なスパンで売れている。

何が売れているのか確認してみると、僕の運営する弱小サイトの中の記事で紹介しているゴルフクラブセットであることが分かりました。

これだけ売れても、諭吉1枚にも満たないんですが…。

だけど、正直嬉しいです。

この記事のキーワードとなるゴルフクラブの名前で検索してみると「ゴルフクラブの名前単体」でグーグル検索2位、「ゴルフクラブの名前+評価」などのキーワードで1位を獲得していることが分かりました。

キーワードのボリュームと競合性

グーグルのキーワードプランナーで、改めてキーワードとなるゴルフクラブの名前単体での検索ボリュームや競合性を調べてみました。

f:id:masayeah:20180920073515j:image

検索ボリュームとしては多くありません。

ただ、ゴルフをする人たちっていうのはやはり富裕層が多く、コンバージョンも高い傾向にあるので、競合性は高くなっています。

いつから検索上位に表示されるようになったのか

検索上位を獲得している記事を書いたのは、今年の1月。

記事をポストした日から現在までの推移をサーチコンソールで確認してみると、以下のような感じになっていました。

f:id:masayeah:20180920074435j:image

そもそもサイトの開設が1月なので、1月からの記録しか残っていません。

グラフを見てみると、サイトを開設して3ヶ月後くらいからアクセスが増えはじめていることが分かります。

ブログはとりあえず3ヶ月頑張ってみるなんて言われますが、本当にその通りなんですよね。

僕のような弱小ブロガーが作る弱小サイトは、SEOを意識して記事をポストしても、アクセスが伸びるためにこれくらいはかかります。

モバイルファーストインデックスの影響は⁈

実は先日、神さま仏さまよりも大事なグーグルさまより、こんなメールが届きました。

f:id:masayeah:20180920075448j:image

モバイルファーストインデックス(MFI)適用の通知です。

他のサイトにも通知が来ましたが、最初に通知が来たのが今回紹介している弱小サイト。

MFIは今年の3月ごろが順次適用を進めているようですが、具体的にいつ頃からMFIが適用になったのかは分かりません。

MFIの影響が検索上位表示に影響しているかどうかは、調べる術がないので明らかにできていません。

もしもMFIによる影響を調べる方法をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご享受頂けると幸いです。

なぜこの記事が検索上位に表示されるようになったのか

f:id:masayeah:20180920235711j:image

このサイトに施している集客対策は、コンテンツSEOだけ。

それも、弱小ブロガーによる基本的なSEOのみ。

SNSでの拡散どころが、SNSとの連携すらしていません。

被リンクも調べてみましたが、当然のことながら1つもありませんでした。

分からんものです、グーグルさまのランキングづけは。

同じキーワードで記事を書いているサイトを見ると、被リンク数もSNSシェア数も圧倒的に僕のサイトより優っているのに、なぜか僕のサイトが上位。

本当になぜなのか理解できません。

検索上位に表示されるようになって起こったこと

検索上位になったことで、5万円のゴルフクラブが飛ぶようにとは言いませんが、結構な数売れています。

アクセスそのものは検索ボリュームによるのですが、現在のところ、検索上位の1記事だけで1日あたり100pvほどです。

検索上位に表示されて分かったこと

今回分かったことは、検索上位に表示されると、コンバージョンが高いということ。

それから、コンテンツSEOがいかに不安定かということ。

検索上位に表示させることは、そんなに難しいことではないと思います。

実際、他のサイトでも、検索1位とはいかないまでも、1ページ目に表示されているサイトはいくつかあります。

重要なのは1位に表示されることではなく、継続的なアクセスが集められるかどうかというと。

コンテンツSEOのみでは、いつ圏外に飛ばされるか分かりません。

ある1記事が検索1位を獲得するよりも、5記事が検索10位くらいにランキングされるほうがアクセスは集まります。

とは言え、SEOは少なからず意識しなければいけませんが、SNSを使って拡散してリピーターを獲得することもやはり重要。

今回検索1位を獲得したのは「一発屋」に過ぎません。

この経験を基に、継続的にアクセスを集められるサイトに育てていきたいと思います。

コメント