30代、運動、何する?僕がランニングを選んだ理由

30代になると、コンスタントに運動することもなくなってくる。というか、コンスタントに運動できる時間がない

職場の福利厚生でジムを安く利用できるが、ジムに行く時間なんて休日以外にない。

ただ、20代のときと比べて、体の衰えは感じる。疲れやすかったり、なかなか寝付けなかったり。

健康のためにも運動しなきゃなって思ってはいたんですけど、なかなか始められなかったんです。

ところが、ついに最近、ランニングを始めました

僕が健康維持のための運動にランニングを選んだ理由について書こうと思います。

30代が運動を習慣化するために必要な条件

f:id:masayeah:20180504125258j:image

職場の健康診断で、「週に2〜3回、30分以上の運動してますか?」って項目ありますよね。

そんなの無理だよって思いながら、してませんって答えてました。

だけど、本当に健康維持するためにはやった方がいいんだろうなって思って、実際にどんな運動がいいのか考えてみました。

まず、30代には時間がない。仕事に家庭。その合間を縫って運動しなければならない。そして、コンスタントに続けられなければならない。ということで、こんな感じになりました。

  • 時間を選ばない
  • 場所を選ばない
  • コンスタントに続けられる
  • 簡単に始められる
  • 休日を潰したくない
  • あまりお金がかからない

この条件を考えると、閉店時間のあるスポーツジムには通えません。24時間やってるジムはあるけど、僕の近所にはないし、そもそもお金がかなりかかります。

1つひとつ消去法で考えていくと、僕にはランニングしか残りませんでした。

ランニングのメリットとデメリット

f:id:masayeah:20180504125302j:image

ランニングのいいところは、時間も場所も選ばないこと。それに、運動用の靴とウェアがあれば、特別必要なものはないので、気軽に始められます。

だけど問題は、続けられるかどうかです。

実は僕、以前にもランニングを始めたことがあります。だけど続きませんでした。辛かったから。

本当は、運動としてランニングすることは避けたかったんです。だけど僕のライフスタイルに一番合っているのはランニングしかありませんでした。

ランニングを続けると心に決める

避けたかったランニングですが、僕のライフスタイルには運動として合っているので、ランニングをもう一度始めることにしました。

ただ、始めるのは簡単。問題は、健康維持のための運動として、習慣化できるかどうか

ランニングを始めるにあたって、僕はランニングを必ず続けると心に決めました。

そのために僕が考えたのは、続けられるランニングしかしないこと。

ペースも距離も決めず、続けられることだけを考えたランニングをしようと決めたんです。

まとめ

30代が休日を潰さず、コンスタントに運動するには、時間も場所も選ばないランニングしかないと思います。ただ、ランニングを習慣化できるかどうかが心配なところ。そこで僕は、続けられるランニングしかしないと心に決め、ランニングを始めることにしました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。TwitterやInstagramでもブログの更新をお知らせしていますので、お気軽にフォローして下さい。

コメント