ワイヤレスイヤホンを買う前には、必ずコーデックの確認を!

Bluetoothの普及によって、スマホに取り込んだ音楽をワイヤレスで聞くことができる時代になりました。

僕自身、ワイヤレスイヤホンで普段のランニングがかなり快適になっています。

この度、左右独立型のワイヤレスイヤホンを購入しようと思い調べていたところ、

わけの分からない言葉に遭遇しました。

「コーデックAAC対応」

コーデックAACって何なんだ…

実は、このコーデックって、ワイヤレスイヤホンを購入するにあたって超重要なこと。

音楽を聴くデバイスに合ったコーデックを選ばなければ、ワイヤレスイヤホンは使えません。

これからワイヤレスイヤホンを購入する方や、コーデックという言葉が気になった方のために、ワイヤレスイヤホンのコーデックとは何か説明します。

ワイヤレスイヤホンのコーデックとは何か

f:id:masayeah:20180825151001j:image

コーデックというのは、音声データを転送する際に必要な圧縮/展開のための規格のこと。

送信側では音声データを圧縮し、受信側では音声データを展開することで、音楽を聴くことができます。

スマホとワイヤレスイヤホンを使って音楽を聴く場合、

スマホが送信側、ワイヤレスイヤホンが受信側となります。

誰もが高音質で音楽を聴きたいはずですが、

高性能なワイヤレスイヤホンを買ったからといって、

送信側となるスマホなどの機器にワイヤレスイヤホンが対応していなければ、音楽を聴くことすらできません。

高音質のな音楽をワイヤレスで聴けるかどうかは、

高音質なワイヤレスイヤホンかどうかではなく、

送信側となるスマホなどの音楽プレーヤーが高音質に対応しているかどうかで決まります。

コーデックの種類

f:id:masayeah:20180825151019j:image

ワイヤレスイヤホンのコーデックには、主に以下の3つがあります。

  • コーデックSBC
  • コーデックAAC
  • コーデックapt-X

多くのワイヤレスイヤホンのコーデックには、標準的にSBCという規格が用いられてきました。

一方で高価なハイエンドモデルには、SBCではなくAACやapt-Xというコーデックが搭載されています。

SBCとAAC/apt-Xの違い

標準的に用いられてきたSBCとハイエンドモデルにのみ用いられてきたAAC/apt-Xの違いは何なのでしょうか。

双方の大きな違いは、

  1. 音質
  2. 送信側-受信側での音の遅れの程度

です。

それぞれの規格について、特徴を説明していきます。

コーデックSBCの特徴

コーデックSBCは圧縮効率や転送スピードのみを優先しているため、とにかく音質が悪い

音声として耳に届く頃には、ほとんどの高音域消えてしまっています。

音質に加えて、ワイヤレスで音楽を聴く場合、コーデックSBCでは必ず送信側と受信側との間でタイムラグが発生します

このタイムラグは、ワイヤレスイヤホンを使ってゲームをするときには致命的。

アクションと音が完全にズレます。

また、コーデックSBCは音楽を再生していないときでもノイズが発生します

コーデックSBCっていいことはほとんどないんですが、唯一の利点は、使用できる機器が多いこと。

コーデックAACの特徴

圧縮率はSBCと変わりありませんが、タイムラグはほとんどありません

また、コーデックSBCのように高音域が消えることもないので、音質もかなりいい

コーデックAACの一番の特徴は、Apple製品がコーデックAACのみに対応しているということ。

Apple製品はapt-Xに対応していないため、iPhoneやiPadとワイヤレスイヤホンをペアリングして音楽を聴く場合、コーデックAACに対応したワイヤレスイヤホンを選択する必要があります。

そもそもiTunesで提供されている音楽はAACで圧縮されています

Apple製品で音楽を聴く場合、コーデックAACのワイヤレスイヤホンを使用すれば、音楽ファイルに再圧縮がかからないため、より高音質で音楽を聴くことができます。

コーデックapt-Xの特徴

タイムラグも音質の低下もないに等しい、最強のコーデックです

apt-Xがその力を発揮するのは、ワイヤレスイヤホンを使ってゲームなどをする場合。

高音質かつ音の遅延がないので、ワイヤレスイヤホンとスマホをペアリングしてゲームをするなら、apt-Xを選ぶべきです。

ところが、残念ながらapt-Xを採用しているのはAndroidスマホで、iPhoneにapt-Xのワイヤレスイヤホンを繋いでも音は聴こえません。

まずはデバイス側のコーデックを確認

f:id:masayeah:20180825151102j:image

ワイヤレスイヤホンを買う前には、まずお手持ちの音楽を再生するデバイスが、どのコーデックに対応いているかを確認しましょう。

スマホで音楽を再生する場合は基本的に、

  • iPhoneはコーデックAAC
  •  Androidはコーデックapt-X

です。

iPhoneはapt-Xに対応していませんが、その他のメーカーはAACにもapt-Xにも対応してしている場合もあるので、

「お手持ちのデバイス名+ワイヤレスイヤホン+コーデック」

などのキーワードで調べてみてください。

選択できるなら、コーデックapt-Xを

音楽再生だけならコーデックAACで全く問題うりません。

ただ、もしもお手持ちのデバイスがコーデックapt-Xに対応しているのなら、コーデックapt-Xのワイヤレスイヤホンを選択することが無難です。

まとめ

僕自身、ワイヤレスイヤホンのコーデックなんて気にせずに買っていました。

たまたまiPhoneに対応するコーデックAACのものでしたが、より高音質なワイヤレスイヤホンはコーデックapt-Xを搭載している場合が多いので、ワイヤレスイヤホン購入前にはぜひご注意を。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント