持っておきたい隠しフード|お昼ごはんが食べられないときのために

昨日はGW中にも関わらず急遽出張だったんですが、朝から夕方5時まで何も食べられず

頼むから、少しでいいから食わせてくれよ!って思うんだけど、そんなわけにもいかないときがあります。

こういうときは、 お手洗いに行ったついでにササッと短時間で食べられる

「隠しフード」を持っておくと便利。

僕は出張に関わらず、普段も休憩が取れないことが多いので、だいたい隠しフード持っています。

昨日はたまたま持っていなかったので、やっぱり隠しフードは大事だなって感じた1日でした。

こんなときのために持っておくと便利な隠しフードを紹介します。

隠しフードの条件

隠しフードと言っても、何でもいいから食べ物を持ってればいいわけではない。

隠しフードには、いくつかの条件があります。

  • 短時間で食べられること
  • 匂いが残らないこと
  • 喉が乾かないこと

僕の中で隠しフードの条件はこんな感じです。

食べたいけど食べられない時にっていうのは、例えば会議が長い時だったり、お偉いさんばかりが集まってるときだったりする。

だから、食べたことを悟られないようにしなければならないので、短時間で食べられて匂いが残らないことは必須。

それから、意外と便利そうなカロリーメイトのブロックタイプなどは、かなり口の中がパサついて喉が乾くので、あまりオススメできません。

おすすめの隠しフード

僕が普段持ち歩くことの多い隠しフードを紹介します。

グミ

f:id:masayeah:20180502072342j:image

一番おすすめなのが、グミ。短時間で匂いを残さず食べられることに加え、満腹感が得られて腹持ちもいい。

ウィダーインゼリー

10秒チャージ2時間キープは言い過ぎだと思いますが、短時間で食べられてある程度の満腹感は得られるので。

無印良品のバウムクーヘン

無印に売ってる、小さめのバウムクーヘン。しっとり感があって喉が渇きにくく、食べ応えもある。それに、バリエーションが多いので、飽きがこない。

失敗した隠しフード

逆に、食べて失敗した隠しフードも紹介します。

コンビニのサラダチキン

低カロリー高タンパクだから、隠しフードにもってこいだなって思ってましたが、意外と匂いがキツイ。食べたことがバレた経験があります。それ以来買ってません。

カロリーメイトのブロックタイプ

口の中のほぼ全ての水分を持っていかれる。食べたいだけではなく、何か飲みたくなるので、隠しフードにはオススメできません。

まとめ

社会人になると、食べたくても食べられないことがあります。そんな時には隠しフードを携帯しておくとかなり便利。だけど、隠しフードは食べたことをバレないようにしなきゃいけないから、慎重に選ばなきゃならない。オススメなのはグミとバウムクーヘンです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。TwitterやInstagramでもブログの更新をお知らせしていますので、お気軽にフォローして下さい。

コメント