「ブログの書き方講座」から学んだ、ブログへの集客を増やすためのSEOライティング

f:id:masayeah:20180816080409j:image

ブログの書き方を学びたいと思う人は、少なからずブログへの集客を増やしたいと思っているはず。

特にブログのマネタイズを考える人は、何よりブログへの集客が重要になってくる。

今回僕が読んだ「ブログの書き方講座」は、ブログへの集客を増やすためのSEOライティングに特化した書籍。

SEOライティングと言っても、タイトルやコンテンツへのキーワード対策と言ったテクニックではなく、

「いかに検索エンジンに評価される、ユーザー目線の記事を書くか」

ということに焦点を当てている。

日々進化する検索エンジンのアルゴリズムに、テクニックは通用しない。

重要なのはユーザーのための記事を書くことであって、僕のように集客を増やすためのブログの書き方を学びたい人にとって、本書の内容はとても有用です。

ブログへの集客を増やすためには、常に読者の悩みを考える

f:id:masayeah:20180816080239p:image

「あなたを慕ってくれるかわいい後輩から相談されたときのことを考えてください。そのようなモノの言い方をしますか?」

いきなり引用させて頂きましたが、これこそ集客アップのためのブログの書き方。

誰かの悩みに対し、

  • どのような人に、
  • どのような立場で、
  • どのようなアドバイスを、
  • どのような口調で

応えるのか。

これを常に意識しながら記事を書くことが、本書で言うSEOライティングです。

SEOライティングとは

そもそもSEOライティングとはどのような意味なのかなって思い、Googleで検索してみました。

すると、次のサイトが上位に表示されます。

僕が抱くSEOライティングという言葉のイメージは、まさに上のサイトに出てくる内容。

タイトルや見出しタグへのキーワードの入れ方や、どのあたりに配置するのかといったテクニックのようなもの。

このようなSEOの基礎は、ブログを運営するならば知っておくべき。

ところが、このようなテクニックは検索エンジンへの対策であり、ユーザー目線であることとはかけ離れてしまうことがあるんです。

キーワードツール使う理由

f:id:masayeah:20180816080252j:image

記事のキーワードをツールで検索し、検索ボリュームや競合性を確かめて…。

検索エンジンに上位表示されるためにSEOばかり意識すると、検索ボリュームなどの数字ばかりに目が行ってしまい、ユーザーのために記事を書いているということを忘れがち。

数字も大事だけど、重要なのは検索エンジンを使うユーザー

そして、検索エンジンで何かを調べる人は、必ず何か悩みを抱えているということを忘れてはいけない。

検索ユーザーは、何か悩みがあってキーワードを入力して検索してくるわけです。

キーワードツールを使う理由は、読者がどのような悩みを持っているのか、その把握のため。

まとめ

ブログの書き方講座: 個人ブログ月間100万PVの手法

検索エンジンで上位に表示されるのはブログへの集客にとって大事なこと。

だけど検索エンジン対策のSEOをしていても、コンテンツの内容が読者が求めているものでなければ、ユーザーは離れていく。

ユーザーに読まれる記事とは何か。

それを常に考えることが大事で、分かっていてもなかなかできていないことに気がついた書籍でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
書評
スポンサーリンク
masayeahをフォローする
Life is Beautiful

コメント