「お金がないならアタマを下げろ」お金は借りるものではなくて作るもの

借金したことありますか?

僕は親から借金を頂いて、生活費が厳しくなり、カードローンに手を出したことがあります

「いざというときに便利」

というのがカードローンの謳い文句。

もし借金作ろうとしてる人がいるなら、今すぐやめた方がいい。

お金を借りることとお金を作ることは全く違う。

「すみません、払えないから待ってください」って頭を下げることが、一番正しいこと。

お金を借りることと作ることの違い

払わなければいけないのに払えない。

あなたは経験したことはありますか?

僕自身、まさか自分がそんな思いをするとは思ってもいませんでした。

そして、一度手を出したんです。

カードローンに。

払わなければいけないお金のために、お金を借りたんです。

これってよく考えたらおかしいよね。

例えば、2万円払わなきゃいけないのに払えない。

どうしようもないから2万円借りて支払う。

手元に残ったのは何?

お金を借りる前と同じ、払わなきゃいけない2万円ですよ。

それどころか、利息が上乗せされてる。

お金が払えない時点でマイナスなはずなのに、さらにマイナスを増やしてるだけなんですよね。

これこそ、その場しのぎ。

そして、増えたマイナス分を支払うことにさらに苦労する。

お金を借りるってことは、お金を減らすこと。

支払わなきゃいけない2万円が、4万円に増えるということ。

お金がないときにやるべきことは、お金を借りることではなく、作ること。

お金に困ると周りが見えなくなる

f:id:masayeah:20180823003425j:image

借金することがさらにマイナスを増やすことにつながるなんて、誰でも分かってる。

だけど本当にお金に困ったとき、周りは見えなくなる。

当たり前に考えられることが、考えられなくなる。

損得よりも、目の前の払わなければいけないお金を作ることしか見えなくなるんですよ。

誰もがお金に困っていることを知られたくない

f:id:masayeah:20180823003606j:image

何よりも問題なのは、お金に困っていることを周りに知られたくないし、受け入れたくないんです。

だから必死に、払わなければいけない目の前のお金のことだけを考えてしまう。

「とりあえずお金を借りて払っておいて、次の支払い期日までに借りたお金もまとめて払おう!」

なんて思ってしまうんですよね。

「払えません」って頭を下げれますか?

f:id:masayeah:20180823003616p:image

払わなければいけないお金が払えないとき、払えないからもう少し待ってくださいって、頭を下げれますか?

借金経験のある僕から言わせてもらうと、

ここで頭を下げれるか下げられないかで、借金地獄に陥るかどうかが決まる。

よく考えてみれば分かるはず。

今手元にないお金が、明日には5万円になってるなんてあり得ない。

借金は、それが可能になってしまう。

払えない時点で−2万円だった手持ちが、5万円借りたら−7万円になる。

だけど皆、お金が払えないという自分の汚点を隠そうとするから、当然頭なんて下げられない。

結局ね、見栄を張ってるだけなんですよ。

何が大事かって、正直なこと。

お金がないとき、お金がないってことを受け入れて、必死にお金をつくること。

お金を借りるってことは、お金がない現状から逃げること。

逃げ続けている間、借金は必ず増える。

お金がないなら、正直に頭を下げる。

「すみません、払えないから待ってください」と。

そして時間がかかってもいいから、お金を作らなきゃいけない。

みんな一攫千金を夢見る

f:id:masayeah:20180823003712j:image

年収何千万のプロブロガーさんや投資家さん。

お金に困ると、このような方々に憧れる。

明日には年収何千万になっているかのように、ブログや投資を始める。

なぜあなたは毎月給料をもらえているのですか?

僕の場合、義務教育を終えて看護学校に入り、国家試験を通過して、今に至る。

だから毎月給料をもらえている。

看護師として給料をもらうまでに、20年以上もかかっている。

年収何千万の方々は、年収何千万を得るために、時間をかけて努力してきたんです。

お金っていうのは、簡単に作れるものではない。

分かってるはず。

なのに、目の前のお金を払うために、一攫千金を夢見る。

まとめ

お金に困っているなら、お金は借りないこと。

お金を借りたくなる気持ちはよく分かる。

だけど、借金するということは、お金があるフリをしているだけ。

そうやってお金は減っていく。

頭を下げることを恐れたら、抜け出せなくなる。

それに気づいたからこそ、僕の借金はかなり減り、普通の生活ができている。

迷惑をかけた妻が辛かった生活を笑い話にできるまで、僕はお金を稼ぐことをやめない。

コメント