ナイキリアクト エピックかオデッセイか迷ったら、自分のモチベーションで決める

ナイキのクッション系ランニングシューズ、ナイキリアクトには、エピックリアクトオデッセイリアクトの2種類がある。

当初はエピックだけだったが、後発としてオデッセイが加わった。

僕自身もそうだけど、エピックにするかオデッセイにするかは、かなり迷うところ。

オデッセイリアクトを選んだ僕が今言えることは、モチベーションが大事であるということ。

ナイキのリアクトシリーズ

 

ナイキのリアクトシリーズは、リアクトフォームという新たなクッション素材を搭載したランニングシューズ。

このリアクトフォーム、かなり足の疲労を軽減してくれる。

そして、スポーティな印象でありながらランニングシューズっぽさがないから、普段履きできる

機能的でありながら使いやすいので、人気沸騰のランニングシューズとなっている。

エピックリアクトとオデッセイリアクトの違い

ナイキのリアクトシリーズには、エピックとオデッセイの2つのモデルがある。

それぞれの特徴に関しては、以前書いたこちらの記事が参考になると思う。

ナイキ ランニングシューズ 「ふわ、かる、びよーん」のリアクトシリーズが気になる
ナイキの新しいクッションフォームを搭載したランニングシューズ、リアクトシリーズがすごく気になるんです...

印象としては、

  • プレミアムな生地を使ったエピックリアクト
  • 手を出しやすい価格であるオデッセイリアクト

と分けられる。

エピックリアクトとオデッセイリアクトに迷う

リアクトシリーズの購入を検討している方は、おそらくエピックかオデッセイかで迷っている

それもそのはず、値段が3000円近く違うからだ。

3000円の違いで、機能は変わるのか、何が得られるのか。

この微妙な価格差に、迷わされる。

僕自身も、かなり迷った。

迷った結果、オデッセイリアクトを選んだ。

ナイキのランニングシューズ「オデッセイ リアクト」を選んだ理由
ナイキの新しいクッション素材、リアクトフォームを搭載したランニングシューズ「オデッセイ リアクト」を...

オデッセイリアクトを履いてみて感じたこと

オデッセイリアクトを避けようとしてしまうのは、エピックと比べて機能が劣るかもしれないという疑念のせいだと思う。

オデッセイリアクトを履いて何度もランニングをしてみたが、はっきり言って感動ばかりだ。

ナイキ オデッセイ リアクトのレビュー〜5km走ってもふくらはぎに疲れを感じなかった〜
masayeah(@_masa_yeah_)です。先日購入したナイキのオデッセイ リアクトでラン...

双方の違いを見てみると、搭載しているのは同じリアクトフォーム。

異なるのは、オデッセイリアクトのリアクトフォームには、地面とよく接する部分にのみ、耐久性を高めるためのラバーが貼られている。

ところがこのラバーはソールの表面だけを覆っているため、リアクトフォームのクッション性には全く影響しない

リアクトフォームを搭載したオデッセイとエピック。

双方のシューズにおいて、リアクトフォームによるクッション性に違いはないというのが、僕の意見だ。

エピックリアクトとオデッセイリアクト、どちらを選ぶか

リアクトフォームの機能には、どちらを選んでも違いはない。

残る違いは、生地。

エピックリアクトには、軽くて通気性のいいフライニットが使われている。

とは言え、オデッセイリアクトに使われている生地の通気性が悪く、重いわけではない。

僕の印象としては、フライニットの方がカラーリングの発色がいい。

フライニットという生地に3000円の価値を持てるかどうかが、エピックとオデッセイを選ぶ分かれ道になる。

エピックリアクトとオデッセイリアクトの選び方に関する結論

まず考えるべきは、値段。

安価にリアクトフォームを試したいならオデッセイリアクトを。

普段履きも考えて発色の良いオシャレなカラーリングを求めるなら、エピックリアクトを。

そして何より、モチベーション。

ランニングを長く続けるには、モチベーションを保たなければならない。

3000円がもったいないと思う人もいれば、たった3000円と感じる人もいる。

どちらを選ぶにせよ、ランニングシューズはモチベーションを保つための道具

機能に違いはないから、直感的に選んぶことが大事だと思う。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。TwitterやInstagramでもブログの更新をお知らせしていますので、お気軽にフォローして下さい。

コメント