ナイキ ランニングシューズ 「ふわ、かる、びよーん」のリアクトシリーズが気になる

ナイキの新しいクッションフォームを搭載したランニングシューズ、リアクトシリーズがすごく気になるんです。

このリアクトシリーズのコンセプトは、

「ふわ、かる、びよーん」

コンクリートばかり走るので、膝とか足首とか痛くなるから、クッション系のランニングシューズってどうなんだろうなって思ったので、調べてみました。

クッション系のランニングシューズってどうなんだ

僕はもともと運動部だったので、昔からランニングシューズは持ってました。

僕が学生の頃は、ランニングシューズと言えばソールの薄いものが一般的。

それからナイキのエアマックスが流行ってきたけど、エアマックスで運動する人なんて周りにはいなかったです。

高かったのもあると思いますけど。

今履いてるアシックスのランニングシューズはスピードレース用で、ソールが薄い。

街中を走るランニングでは、すぐに足首とか膝が痛くなってきてしまう。

何かいいランニングシューズないかなった探してたところ、クッション系ランニングシューズが流行ってることを知りました。

クッション系ランニングシューズにもいろいろとあるみたいですが、目に留まったのがこのリアクトシリーズでした。

ナイキ リアクトとは

f:id:masayeah:20180507183042p:image

ナイキ リアクトは、ナイキの新しいクッション素材。

これまではルナロンファームというクッションでしたが、その進化版のようです。

柔軟性は11%向上、弾力性は13%向上しているとのこと。

リアクトシリーズのコンセプトは、

ふわ、かる、びよーん。

クッション性があって軽く、反発力もある。

昔はソールの厚い靴といえば重くて当たり前だったので、とてもじゃないけど運動なんてできませんでした。

だから、クッション性があるのにランニングできるほど軽いのは、僕にとっては夢のようだし、未知の世界でもある。

エピックとオデッセイ

今のところ、リアクトシリーズには2つのモデルがあります。

1つ目は、ナイキ エピック リアクト。リアクトフォームを初搭載したランニングシューズ。2つ目は、ナイキ オデッセイ リアクト。モデルとしてはこのオデッセイ リアクトが最新ですが、昨日としてはエピックの方が上。オデッセイ リアクトはエピック リアクトの廉価版と紹介されている方もいました。

ナイキ エピック リアクト

f:id:masayeah:20180507183016p:image

白いソールがリアクトフォームです。アッパーにはナイキの高いモデルによく使われる、フライニットが使われています。

薄いソールが主流だった僕の青春時代には考えられないくらい厚いソール。

こんなんで走れるの?って思ってしまいます。

f:id:masayeah:20180507191641p:image

リアクトフォームはアスリートの走りを元に厚みを調節しています。一見すぐヘタってしまいそうに見えますが、800kn走ってもその柔らかさが持続するそうです。

価格は約16000円。結構高いですね。

ナイキ オデッセイ リアクト

f:id:masayeah:20180507184402p:image

エピックと何が違うのって感じですが、まずはアッパーの素材。

エピックがフライニットだったのに対し、オデッセイは通気性の高い軽量素材が使われています。

このアッパー素材に変わったことで価格は4000円近く安くなり、約12000円。

もうひとつエピックと違うのは、ソール部分。

f:id:masayeah:20180507192737p:image

エピックのソールはリアクトフォームで真っ白なのに対し、オデッセイのソールには黒い部分が。

これは耐久性が弱くなりやすい部分にラバーコーティングを施したため。

クッション性にはあまり関係ないと思われます。

どっちがいいのか

f:id:masayeah:20180507193753j:image

どちらもリアクトフォームというクッションを搭載したモデル。ベアフットではないので、ソールには柔らかさだけでなく、ある程度の硬さというか、反発力もあります。

リアクトシリーズの特徴は、やはりリアクトフォームのクッション。

エピックの方がややソールが厚いように見えますが、それを除けば違いはアッパーの素材くらいです。

確かにエピックのアッパー素材であるフライニットは見た目もいいし、発色もきれいです。

だけど4000円の差があるので、どちらを選ぶかはステータス的な部分になってきそうです。

リアクトフォームを安価に楽しみたいならオデッセイ、プレミアムというか、ラグジュアリー差を求めるならエピックでしょうか。

公式サイトではエピックの方が売れているみたいですが、オデッセイは最近販売されたモデルなので、どちらが人気なのかは微妙なところです。

まとめ

リアクトフォームを搭載したナイキ リアクトシリーズは、クッションによる疲労軽減だけでなく、反発力もあるので前への推進力も生まれそうです。

フライニットを使ったプレミアムなモデルならエピックを、リアクトフォームを安価に試したいならオデッセイというところでしょうか。

それにしても、カーキのランニングシューズって意外とカッコいい。歳をとった証拠でしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。TwitterやInstagramでもブログの更新をお知らせしていますので、お気軽にフォローして下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ランニング
スポンサーリンク
masayeahをフォローする
Life is Beautiful

コメント