普天間基地移設問題について、愛知県民の僕が思うこと

どうも、masayeah(@_masa_yeah_)です。

普天間基地移設問題で、先日お亡くなりになった翁長知事が辺野古埋め立てを撤回したのは、ついこの間のこと。

沖縄県民ではない僕が思うことを書いてみようと思います。

沖縄県民以外が簡単に意見していいことじゃない

ずっと思ってるんですけどね、この問題、ほぼ沖縄県民の方々の問題じゃないですか。

僕のように沖縄に住んでいない人にとって、普天間基地移設問題は、そんなに生活に関わる問題じゃないでしょ。

米軍兵の少女暴行問題から始まって、最近ではヘリの墜落とか起こってますよね。

だけどこれって、被害を受けてるのは沖縄の方々。

沖縄の方々は、普段の生活にもかなり米軍の影響を受けてる。

これに比べて僕の生活の中には、ヘリの音とか、何か落ちてくるとか、子供が暴行されるかもしれないとか、そんなことは思わないんですよね。

それは僕が愛知県に住んでいるから。

本当に苦労しているのは沖縄の方々なので、その外にいる人たちが移設に関して簡単に意見しちゃいけないと思うんですよね。

沖縄に行って感じたこと

f:id:masayeah:20180812173513j:image

僕は今まで何度も沖縄に行ってますが、一番印象が強いのは初めて沖縄に行った時。

予想以上に、米軍の施設が多くて、面積もかなり広いんです。

今はかなり制限されたみたいですが、夜の国際通りなんて、米軍兵だらけですよ。

日本にいるとは思えないほど、外国にいるような気分になります。

Mr.Childrenの曲にもありますが、まさにこの曲の歌い始めのような感じ。

1999年、夏、沖縄

1999年、夏、沖縄

  • Mr.Children
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

辺野古埋め立てについて

以前、僕は名護市のリゾートホテルに泊まりました。

実はこのホテルの最寄りのコンビニは、辺野古なんです。

このコンビニに一人で行った時、コンビニの前には「辺野古埋め立て反対」の座り込みをしている方々がたくさんいました。

ホテルに向かう道にも、いたるところに「辺野古を守れ」っていう看板がありました。

そうやってね、沖縄の人たちは自分たちの生活を守るために行動してるのに、

僕はそこにただの観光者として行ってるんですよ。

同じ日本国民なのに。

僕の泊まったカヌチャベイリゾートっていうホテルも、辺野古に基地が移設されたら、騒音とかかなりの被害を被ると思います。

だから僕らは

「ここのホテルの周りに米軍機が飛んでたら嫌だな」

とか、そういう思いで基地移設に関する思いを口にしてしまうんですよ。

こういう思いって、結局自分と関係がないから言えてしまうことですよね。

安全保障なんて関係ない

米軍の駐留に関しては、やっぱり安全保障を意識すると思います。

特に米軍駐留による被害を受けていない人たちは。

辺野古への移設は反対。

だけど自分の住んでる地域に移設となったら、それ以上に反対。

だけど米軍の駐留は安全保障上必要。

そう思ってる人って、多いんじゃないでしょうか。

よくよく考えてみると、幸せすぎる意見ですよね。

だって、自分の地域に米軍基地がないからこそ言えることだから。

沖縄の人にとっては、安全保障なんて関係ないんじゃないでしょうか。

沖縄県民の方々は、米軍がいることで生活が危険になっているんだから。

まとめ

基地移設に関しては、どこに移設したとしても「米軍による被害がないこと」だと思います。

辺野古の埋め立てに賛成、反対なんて意見は、愛知県民の僕が容易く言っていいことではないと思います。

コメント