スマートウォッチ「Samsung Gear S3 Frontier」を断捨離しました

以前このブログで紹介したSamsungのスマートウォッチ、 Gear S3を断捨離してきました。

健康管理を目的にスマートウォッチを探していたところ、時計らしさのあるGear S3に一目惚れして購入したのですが、

やはりApple製品との連携の悪さに我慢できなくなってしまいました

Gear S3を売却するに至った理由から売却時の価格まで、その詳細を書きたいと思います。

Samsung Gear S3 Frontierを手放そうと思った理由

Samsung gear s3 の画像

Samsung Gear S3 Frontierを手放すことにした理由は、僕が使っているiPhoneをはじめとしたApple製品との連携がよくないこと。

iPhoneとの連携を考えれば当然apple watchを選ぶべきだけど、iPhoneユーザーの僕がSamsungのスマートウォッチを選んだ理由は、外観がどのスマートウォッチよりも時計らしいから。

購入してみると、iPhoneとの連携は思っていたほど悪くないんですが、当然ながらapple watchのようにはいかないんですね。

Samsung Gear S3はApple musicが使えない

Samsung Gear S3とiPhoneは連携できますが、連携できるからと言ってiPhoneに入っている音楽を聴けるわけではないんですね。

iPhoneユーザーがGear S3で音楽を聴く方法は、Spotifyを使う以外にありません。

他にも、QUICPayにも対応していなかったり、専用アプリがAppleに比べて格段に少なかったりと、iPhoneユーザーにはやはり不便です。

Samsung Gear S3単体でできることもたくさんある

iPhoneユーザーであっても、Gear S3単体でできることは意外とたくさんあるんですね。

例えば健康管理面。

身につけているだけで定期的に心拍数をはかり、移動距離やカロリー計算も自動でしてくれます。

とても便利なんです。

だからこそ、スマートフォンやPCとの連携がよければ、なお使いやすいって思ってしまうんですよね。

Gear S3 Frontier、いくらで売れた?

Gear S3 Frontierは、amazonで39800円(2018年9月15日)で売られています。

僕はたまたまセールの時に購入できたので、32000円で手に入れることができました。

今回はPCなどのガジェット系を専門に取り扱うショップさんで買い取って頂きましたが、

買取価格は何と20000円

購入時の価格の約60%ですね。

当然、箱や説明書、充電器など、全て揃った状態でした。

買い取って頂いたお店ではGear S3 Frontierの買取価格上限が20000円とのことでしたので、使用状態も良好だったようです。

Samsung Gear S3 Frontierを断捨離して気付いたこと

体に常に身につけるウェアラブルデバイスは、単体での機能に加えて外観も重要な検討材料だと思います。

ただ、今やスマートフォンは必需品であり、スマートフォンとウェアラブルデバイス相互の連携は、予想以上に重要でした。

これからスマートウォッチなどのウェアラブルデバイスを購入する方は、ぜひスマートフォンとの連携も検討材料に加えていただければと思います。

コメント